Posted by at

2009年07月12日

現代に輝く、働かない人たち

What's up!?


世界のCMフェスティバル2009 in FUKUOKAに行って来ました!
詳しくは、
http://www.cmfestival.com/about.html

「人生は退屈だ。だから面白くするんだよ」といつも自分に言ってます。だんのです。
さっそく来年分も予約したくなるイベントでした^^


さて、社会起業支援サミット2009 in ふくおかも、10年続く価値のあるのあるイベントにするべく、

今回は
非日常ではなく日常に視点を凝らし「働く」について。


@IT自分戦略研究所ブックシェルフ(87)
現代に輝く、働かない人たち


朝、目覚まし時計をかけて起きる意味とは? 第二の人生はどこからか。自己実現とは何か。

「働くとは何か」。仕事を何ととらえ、自分の人生のどこに位置付ければ自分に対して折り合いがつくのか。本書は、この正解のない問いの答えを求めて、仕事の現場で輝く社会人10人にインタビューをしている。


10人のインタビューから分かる、「働く」とは何か。
http://jibun.atmarkit.co.jp/ljibun01/rensai02/book/87/01.html

みなさんの「働く」とはなんでしょうか?
この前提から再定義してみると違った世界が見えてくるかもしれませんね。


 10人に共通しているのは、皆働きすぎなこと。自分のためと人のため、両方を考えていること。どちらか一方では成立しない。

 彼らは、生きることと仕事を切り離していない。公私混同を享受している。彼らの頭の中には「働かないと(いけない)……」「働き続けるのはつらい」という思考はないのだろう(鯖)。



特に社会起業家という領域においては、積極的な公私混同は成功要因だと思います。
また今回のイベントにも非常に繋がるものではないでしょうか?

みなさんにとっての「働く」とはなんでしょうか?

「現代に輝く、働かない人たち」であふれる福岡にしていきましょう!  


Posted by 社会起業支援サミット福岡 at 11:04Comments(0)